焼きバナナではありません。免疫力を高める”80℃バナナ”って何?

焼きバナナではありません。免疫力を高める”80℃バナナ”って何?

体調を崩しやすいこの季節。そんなあなたに食べてほしい!ただの焼きバナナではない「80℃バナナ」を知ってる?風邪に打ち勝つ免疫力を底上げする驚くべきパワーをもつ80℃バナナ。ポイントはこの80℃!便秘解消やダイエットにもおすすめ?80度に温めるための簡単レシピもご紹介します。80℃バナナで風邪に負けない身体を!

体調崩しやすい季節にこれ?

出典:weheartit.com

体調を崩しやすいこの季節。
季節の変化による温度差や、新しい環境での精神的ストレスによって体調を崩してしまいがち。
そんなあなたに今すぐ食べてほしい!
簡単で美味しい朝食にもぴったり?
免疫力底上げの食べ物とは??

焼きバナナ≠80℃バナナ

それがこの80℃バナナ!
その名の通り80度以上に焼いたバナナを指します。
ただの焼きバナナではありません。
バナナを焼くと甘味が増して美味しくなりますがただ美味しくなるだけじゃありません。
80℃バナナには免疫力をもあげる未だ知られていない驚きのパワーがあるのです!

80℃バナナの驚きのパワー

加熱⇒栄養価アップ

出典:weheartit.com

ポイントは80℃に加熱すること!
バナナは熱を入れることで、栄養効果がぐっとあがります。
免疫力アップするといわれているポリフェノール類や多糖類がさらに増加。
さらに病原菌と戦う白血球の数を増やしたり、質を高める効果もあるんだとか!

バナナってダントツの免疫力アップ効果があるらしい。
さらに温めることでその効果がアップする。
そのまま食べるより、白血球の質が高まり、数も増える!

出典: ameblo.jp

腸内環境も整える

80℃バナナは免疫力だけではなく
腸内環境を整えるなど女性に嬉しい効果もあります。
ただのバナナではなく、温めることで熱が腸へと伝わります。
熱が体を温め、腸を活性化させます。

(?)どうして80℃なの?

⇒加熱しすぎは免疫パワーを壊す

温めると栄養価が高まることはわかった!
だけどどうして80℃なの?と疑問に思った人も多いはず。
なぜ80℃かというと、加熱しすぎで焦がしてしまうと、たんぱく質が壊れ免疫力を高める効果がなくなってしまうのです。

80度まで温めると、バナナは免疫力がグン!と上がります。
温めることでポリフェノールや多糖類の免疫力が向上するらしい。
しかもちょうど「80℃」が良い。
それ以上すると逆に免疫パワーを壊してします。

出典: sinsin-kenkou.net

80℃バナナの作り方

”80℃”に温める方法

バナナの中まで80℃になるにはきちんと切り方や加熱時間などのポイントをしっかり守らなければなりません。

?バナナの皮をむいて、縦半分にカットします。
?フライパンに大さじ1程度のグラニュー糖をバナナの形にしきます。
?バナナの切り口を下にしてグラニュー糖の上に乗せ、強めの中火にかけます。

?グラニュー糖がキャラメル状になるまで1分半〜2分焼きます。
※このとき温度を下げないためにバナナを動かしません!
?こんがりしたらキャラメル部分に触れないように裏返し、1分ほど焼けば完成です。

とっても簡単な80℃バナナレシピです!
両面焼いた後、ブランデー(大さじ1/2)をかけて少し香り付けするのもおすすめです?

?size=l

キャラメル部分が美味しい?
忙しい朝にもぴったり!おやつとしてもおすすめ!
ヘルシーなのでダイエットにも効果的。

?size=l

ずっとやりたかった80℃バナナ作ってみました、焼きバナナです美味しかったです。なにが美味しかったかって、キャラメル部分。

出典: www.instagram.com

?size=l

バターを塗る代わりに80℃バナナをトーストの上に置いてみて?
いつものトーストの栄養価を簡単にアップすることができます!

?size=l

パンケーキの上にものせてみてください?
見た目もオシャレで朝からテンション上がっちゃうはず!

風邪に負けない身体を*

出典:weheartit.com

80℃バナナで風邪に負けない身体を作ろう?

焼きバナナではありません。免疫力を高める”80℃バナナ”って何? の関連タグ
焼きバナナではありません。免疫力を高める”80℃バナナ”って何? の関連記事