夏のお肌は忙しい。テカリも乾燥も防ぐトータルケア法

夏のお肌は忙しい。テカリも乾燥も防ぐトータルケア法

お顔のテカリは女の子の大敵!夏になると特に、お肌の油が気になる人も多いはず。今回は夏でもすっきりサラサラかつ潤いもたっぷり?そんな欲張り肌になるための方法をご紹介。ベースメイクからお化粧直しまで、夏のお肌をトータルサポートしちゃいます?

NoNoテカリ肌!スキンケア方法が知りたいっ!

夏の肌ってとっても敏感。
外に出れば太陽のせいで汗をかいてテカってしまったり、室内に入ると冷房がガンガン効いていて頬が乾燥したり…。

そんな忙しい夏のお肌にぴったりなトータルケア方法を教えましょう♪

テカり肌さんも乾燥肌さんも、保湿をしっかりしましょう!

テカりがちな方に多いのが「テカるからさっぱりタイプの化粧水で済ませちゃう!」というタイプ。
しかしこれ、実はとってもキケンなスキンケアなんです。。

保湿が不足して、お肌の水分量が低下すると、肌は乾燥し、外的刺激を受けやすくなります。そうすると、人間の体は毛穴から過剰に皮脂を分泌し、お肌の水分の蒸発を予防したり、皮膚を外的刺激から守ろうとします。これが顔がテカる原因です。

出典: xn--lcktctfu01kptjiq3a8v6d.com

テカリが気になるならコットンで乳液をつけよう♪

出典:weheartit.com

日々のお手入れで「乳液」を使いますよね? 乳液には油分が入っているので、お肌の水分が逃げないようにしたり、お肌に必要な油分を与える役割があります。 しかし、お肌自体の皮脂の分泌が活発になっていると油分を与えすぎてしまう可能性があります。 そこで、お肌に適度な油分を与えるためには、コットンを使って乳液をつけるのがおすすめです。 乳液を手ではなくコットンでつけることにより、お肌に適度な油分をまんべんなく与えることができます。 とくに、朝のお手入れ時に用いると、ファンデーションの崩れを抑えることもできます。

出典: news.ameba.jp

テカリすぎる部分には、実はクリームの方が◎

一見「もっとテカるでしょ!」と思いがちなのですが、実はクリームできちんと保湿をしてあげることでお肌が「乾燥しているからもっと皮脂を出さなきゃ!」と思ってしまうのを防ぎます。

べたつきやテカリが過ぎる場合、保護のケアは水相成分の多い乳液(リクイッドモイスチュア)よりも、油性度が高く調節されたクリーム(モイスチュアクリーム)の方が適しています。適度に汗を弾き、肌に貯めず蒸発を促すからです。たくさん汗を掻いた場合も汗が浮き上がるので肌に貯まらず流れやすくなります。

出典: sappho.jp

ローションパックでお肌の温度を下げてからメイクしよ?

出典:weheartit.com

ひんやり気持ち良くて気分的にも最高?
シートマスクを使って保湿&毛穴をひきしめよう!

脂性肌の方には「すぐに皮脂でメイクが崩れてしまう」という方も多いのではないでしょうか。
特に気温が高い春夏は、メイクをしている間にも皮脂や汗が出てきて完成前に崩れてしまう、ということも。

これを防ぐには、ローションパックなどで皮膚温を下げておくのが大変有効です。
パックに使う化粧水には、皮脂を抑制するビタミンC誘導体などが入ったものだと、より化粧崩れが起きにくくなるのでオススメです。

出典: www.skincare-univ.com

エチュードハウス アイニードユーマスクシート A to Z 商品

エチュードハウス アイニードユーマスクシート A to Z

¥160

脱・テカリ肌ベースメイクをマスターしよ♪

出典:weheartit.com

テカリ肌を防ぐのはベースメイクが肝心!
ベースメイクで必要なポイントをおさえましょう。

ファンデの前にテカリ防止のメイク下地を!

スキンケアでの根本からの肌質改善ももちろんですが、ファンデーションの前に、皮脂を抑える固形やゲル状のメイクコスメをプラスすることで、皮脂を抑えてテカリを防ぐこともできます。 皮脂を抑えるコスメを使用することで、皮脂でテカり、ベタつきがちなお肌をサラサラに保ち、テカリを防いでくれます。 そうすることによって化粧モチもよくしてくれますよ。

出典: news.ameba.jp

ルースパウダーをファンデの前につけて皮脂を吸収させよう。

出典:weheartit.com

肌のテカリを何とかしたいという場合には、皮脂や汗を吸収してくれるルースパウダーやブレストパウダーを活用すると良いでしょう。
お金をかけずに肌のテカリを予防するなら、市販されているベビーパウダーも優秀ですよ。

出典: bimaga.com

テカリ&乾燥の救世主!ミスト化粧水の使い方

ここでミスト化粧水の登場?
ファンデーションと肌を密着させると同時に油分も抑えてくれます。しかも乾燥対策にも最適!

ティッシュの上からなら、お化粧をキープしたままミストできる♪

1、2枚重なっているティッシュをはがし、1枚で汗や皮脂を軽ーく押さえる(このときに使ったティッシュは捨てます)
2、もう1枚のティッシュを顔の上に広げ、この上からミストをかける
3、手でティッシュの上からそっと包むようになじませる

出典: chieco.cosme.net

顔とミストの距離に気をつけて!

このくらいの離れた距離からミストをすれば、お顔全体に保湿成分が浸透します。

化粧水を顔にスプレーする場合には、顔から少し離してスプレーしてあげると、顔全体にバランスよく化粧水が行き渡るので、その後の仕上げも楽になります。

出典: bimaga.com

エチュードハウス アイムブルーミング ディープモイスチャーミスト 商品

エチュードハウス アイムブルーミング ディープモイスチャーミスト

¥1,200

最後にベビーパウダーで仕上げ?

リキッドファンデの後に通常はフィニッシュパウダーを使用しますが、ファンデーションと同じくらいお値段が張りますね!もともとフィニッシュパウダーは、油分を吸着してテカリを防ぐという目的の為に使用します。ですから、皮脂を吸着し、さらに滑石の効果でお肌の表面を均一にするベビーパウダーの働きがマッチするのです。

出典: lbr-japan.com

外出先でピンチ!お化粧直しはどうする?

出典:weheartit.com

朝頑張ったお化粧も、さすがに夜までキープすることはできません…。

簡単キレイなお化粧直しの方法も覚えておくと便利です。

あぶらとり紙は余計に皮脂が出るのでNG

あぶらとり紙は、その吸収性の良さゆえに、表皮の水分を取り過ぎてしまうのです。そうすると、肌が「水分が足らないぞ。もっとあぶらを出さないと、乾燥してしまう」という信号を出すのです。そして、終わらない「あぶら循環」がはじまります。

出典: josei-bigaku.jp

気になるテカリはティッシュオフしよう♪

あぶらとり紙ではなくティッシュを使うことで、お肌に必要な油分だけをほどよく残してくれるんです。

化粧直しのポイント! こちらも、しっかりと「ティッシュオフ」や「あぶら取り紙」などで、余分な脂をとってあげることが大切ですが、「あぶら取り紙」は皮脂を取りすぎてしまう可能性もあるので、過剰な皮脂でない限りは「ティッシュオフ」で十分です。そのあと軽く、お粉やパウダーファンデーションでおさえてあげましょう。

出典: lbr-japan.com

保湿化粧水をコットンでパッティング?

アルコールの入っていない保湿化粧水をたっぷり含ませたコットンで、パタパタとパッティングを。すると、皮脂と水分が混ざり合い、すっきりうるおった肌が長続きするのです。

出典: www.karada-aging.jp

さあ、夏のお肌のお悩みはこれで解決!
あなたもテカリや乾燥と縁を切るための第一歩を踏み出しましょう。

夏のお肌は忙しい。テカリも乾燥も防ぐトータルケア法 の関連タグ
夏のお肌は忙しい。テカリも乾燥も防ぐトータルケア法 の関連記事