結局インスタ映えが大切なんです?写真撮影OKな作品のある企画展5選

結局インスタ映えが大切なんです?写真撮影OKな作品のある企画展5選

Instagramにオシャレな画像を載せたいけど加工とかできないし...。そんな人はオシャレな場所に行けばいいんです!特にオススメしたいのが美術館。最近では写真撮影OKな作品のある展覧会も多く、教養も身についちゃうというのが美術館の魅力。今回はフォトジェニックな作品のある企画展を紹介します。

インスタにオシャレを

出典:weheartit.com

Instagramオシャレな画像を載せたいけど、加工とかよくわからない。
そんな時は写真が映えるオシャレな場所に行くのがイチバン?
例えば美術館はいかが?
今回は写真撮影OKな作品がある企画展を5つ紹介します!

:トーマス・ルフ展

?size=l

最初に紹介するのは東京国立近代美術館で2016年11月13日(日)まで開催される「トーマス・ルフ展」です。
東京以外にも金沢で今後開催されるので、北陸地方の人は必見です◎

出典:ameblo.jp

トーマス・ルフはドイツ出身の写真家です。
ポートレート以外にも、インターネットにある画像を利用した作品などを作ってきました。
こちらの写真も、実はネット上の写真を使った作品。
アニメなどからの画像に処理を施して作られたんだとか!

出典:ameblo.jp

Instagramでもよく投稿されているのがこちら。
普通の写真のようにも思えますが、かなり大きなサイズなので実際に見てみると圧倒されてしまうはず。
大きいことにもまた理由があるので、説明を読んでから鑑賞しましょう。

?size=l

3Dメガネをかけて楽しむ作品も。
敷居が高くないので、美術館にあまり行かない人や知識の少ない人でも満喫できますよ。

会場: 東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
会期: 2016年8月30日(火)?2016年11月13日(日)
開館時間: 10:00-17:00 (金曜日は10:00-20:00)
*入館は閉館30分前まで
休館日: 月曜日(9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、10月11日(火)
観覧料:      当日(前売/団体)
一般  1,600(1,400/1,300)円
大学生 1,200(1,000/900)円
高校生  800(600/500)円

出典: www.momat.go.jp

東京会場:東京国立近代美術館 2016年8月30日(火)?11月13日(日)/金沢会場:金沢21世紀美術館 2016年12月10日(土)?2017年3月12日(日)

:デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法

出典:ameblo.jp

続いては 2017年1月22日(日)まで21_21 DESIGN SIGHTで開催される「デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法」です。
普段私たちが触れている製品のデザインを解剖して、改めて考えることができる企画展になっています。

?size=l

21_21 DESIGN SIGHTで開催される企画展は、私たちも触れて楽しむことができるのが特徴的!
こちらは明治のおいしい牛乳のパッケージですが、自由に文字を組み合わせて自分だけの「〇〇牛乳」を作ることができるんです!

?size=l

巨大なきのこの山も真っ二つに分解されています。
なぜこのようなデザインなのか考えて見ていると、その製品への愛着もよりいっそう高まりそう。
多くの作品が写真撮影可能なので、お気に入りの作品を投稿しちゃいましょう!

会期:2016年10月14日(金)- 2017年1月22日(日)休館日:火曜日、年末年始(12月27日-1月3日)開館時間:10:00 - 19:00(入場は18:30まで)
*10月21日(金)、22日(土)は六本木アートナイト開催にあわせ、特別に22:00まで開館延長(入場は21:30まで)入場料:一般1,100円、大学生800円、高校生500円、中学生以下無料
*15名以上は各料金から200円割引
*障害者手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1名は無料
その他各種割引についてはご利用案内をご覧ください

出典: www.2121designsight.jp

展覧会ポスター 21_21 DESIGN SIGHT では、2016年10月14日より、企画展「デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法」を開催いたします。 私たちは日々、数え切れないほど多くの製品に囲まれて生活しています。大量に...

:ダリ展

?size=l

国立新美術館では2016年12月12日(月)まで「ダリ展」が開催。
誰もが知っている現代美術の先駆者、サルバドール・ダリの作品が数多く展示されています。
写真撮影ができる場所は限られていますが、撮影可能な作品が面白いので紹介したいと思います!

?size=l

それがこちら!
なんともダリらしいインパクトのある作品ですよね。
分厚い唇も鼻も目も全てが存在感大!

?size=l

引いて見るとこのように髪もあります(笑)
ダリの初期の作品から晩年の作品まで様々なものがあるので見応えも抜群ですよ◎

会期
2016年9月14日(水)?12月12日(月)
毎週火曜日休館
開館時間
10:00?18:00 金曜日は20:00まで
ただし、10月21日(金)、10月22日(土)は、22時まで
※入場は閉館の30分前まで
会場
国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

出典: www.nact.jp

『ダリ展』は国立新美術館で2016年9月14日(水)から12月12日(月)、京都市美術館で2016年7月1日(金)から9月4日(日)まで開催されます。約250点の多様な作品で構成する日本では過去最大規模のダリ展です。

:ナムジュン・パイク展、没後10年、2020年笑っているのは誰?

出典:ameblo.jp

2017年1月29日(日)までワタリウム美術館で開催されているのは「ナムジュン・パイク展、没後10年、2020年笑っているのは誰?」です。
ビデオアートの父と称される、ナムジュン・パイクのインスタレーションや映像作品が展示されています。

?size=l

Instagramで人気なのがこちらの作品。
テレビと植物が融合しているというはとても斬新!
違う性質だからこそ、それぞれのことがよりわかるのかもしれませんね。

ロウソクとのビデオアートは不思議な世界に来たような魅力があります。
どこか吸い込まれてしまいそうな空気感は、実際に見た人でないとわかりません。

会期 前半  2016年 7月17日[日]− 10月 10日[月・祝]
    後半     10月15日(土)− 2017年 1月29日(日)
休館日 月曜日(7/18,9/19,10/10,12/5.12.19.26
  1/9は開館 10/11-14と112/31-1/3は休館)
開館時間 11時より19時まで [毎週水曜日は21時まで延長]
入場料 大人 1000円 / 学生[25歳以下] 800円  ペア割引:大人2人 1600円 / 学生2人 1200円 / 小・中学生 500円 / 70歳以上の方 700円
※ 前半のチケットの提示で、後半のチケットが300円割引になります。

出典: watarium.co.jp

:宇宙と芸術展

出典:ameblo.jp

最後は2017年1月9日(月・祝)まで開催されている「宇宙と芸術展」です。
人々は宇宙をどう見てきたのかを考えられる作品を時代ごとに展示しています。

行列ができてしまうほど人気なのがこちらの作品です。
部屋にまるごと映像が映されているので、まるで宇宙空間にいるかのような気分になってしまいます!
Instagramといえば写真のイメージが強いですが、このように動画を投稿してみるのもいいかもしれませんね。

?size=l

このようなネオンが点いているところもあります。
暗闇に光っているというだけでもなんだかオシャレ!
この他にもネオンがあるので探してみてください。

「宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ」
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
会期:2016年7月30日?2017年1月9日
時間:10:00?22:00(火曜日は17:00まで)
※いずれも入館時間は閉館時間の30分前まで
料金:一般1,600円、学生(高校・大学生)1,100円、子供(4歳?中学生)600円
休館日:会期中無休

出典: www.fashion-headline.com

説明文

オシャレには美術館を

出典:weheartit.com

オシャレな画像を撮るために美術館に行ってみると、美術の新たな魅力に気付くことができるかもしれませんよ。

結局インスタ映えが大切なんです?写真撮影OKな作品のある企画展5選 の関連タグ
結局インスタ映えが大切なんです?写真撮影OKな作品のある企画展5選 の関連記事