色の変化にうっとり!フォトジェニックなハーブティーが素敵♡

色の変化にうっとり!フォトジェニックなハーブティーが素敵♡

「マロウブルー」をみなさんご存知ですか?古くから健康茶としても親しまれていて、見て飲んでおいしい、まさに魔法のようなハーブティーをご紹介致します。

魔法にかかったかのようなハーブティー

マロウブルーはハーブティーの一種で、ウスベニアオイとも呼ばれています。初夏から夏にかけてキレイな赤紫色の花を咲かせます。そんなマロウブルーは、色の変化を楽しみながら飲むことができる不思議なハーブティーなんです。早速ご紹介していきます♡

SNSで話題!京都抹茶館の抹茶ティラミスが美味しすぎた♡

今、SNS上で話題沸騰中の「抹茶ティラミス」をご存じでしょうか。京都に新しくできたお店で食べることができるスイーツなのですが、平日でも大行列必至という人気っぷりです。その行列を並んででも食べる価値があるそうですよ。
4821

マロウブルーとは?

日本では、「うすべにあおい」と呼ばれているハーブの一種で、色の変化を楽しめるためサプライズティーとも呼ばれているんだとか。また、熱湯を注ぐと、空気中の酸素に反応し鮮やかな青色に変化していくので、フランスでは「夜明けのディザーヌ」とも呼ばれているとてもお洒落なハーブティーなんです。

気になるお味は

マロウブルーはふんわりと優しい味わいで癖があまりないのでとても飲みやすいんです。また、他の紅茶やハーブとのブレンドもおすすめです。

マロウブルーの色の変化

マロウブルーの特徴はなんと言っても色の変化。淹れたては美しい透き通ったブルーなんですが、時間が立つにつれて、少しずつ紫色に変化していきます。

そして更に、マロウブルーにレモン汁を垂らすことによって紫色から薄いピンク色に変化します。味覚と視覚でたの楽しめるハーブティーなんです。

マロウブルーの美味しい淹れ方

ティーポットに茶葉を入れて、熱湯だとすぐに変色してしまうので70度くらいのお湯を注いで下さい。目安は茶葉1gに対してお湯約150mlくらいだそうです。

アレンジいろいろ

癖が無いので、蜂蜜などを入れても美味しいんです。また、ミントやオレンジピールなどとも相性が良いので是非ブレンドして楽しんでみて下さい。

そして実は、水だしの方が長く美しいブルーを楽しむことができるのです。もっと青を楽しみたい方は、水出しをおすすめします。特に夏場はブルーが視覚的にも涼しさを感じさせてくれますよね。

パーティーなどには、カルピスと氷の中にマロウブルーを静かに注ぐと、乳酸菌と混ざった境界の部分がピンク色に変わり、美しいお洒落なカクテルの様な三層のグラデーションになるんです。

プレゼントやご褒美にも♡

見た目も味も飲みやすいマロウブルーはプレゼントにピッタリです。また、様々なアレンジもできるのでホームパーティーなどでも試してみてはいかがでしょうか♡

色の変化にうっとり!フォトジェニックなハーブティーが素敵♡の関連タグ
色の変化にうっとり!フォトジェニックなハーブティーが素敵♡の関連記事