「予定入れなきゃ症候群」になってない?「なーんにもない休日」が心にいいみたい♡

「予定入れなきゃ症候群」になってない?「なーんにもない休日」が心にいいみたい♡

休日に予定がないと寂しい、不安になる、つい予定を詰め込んでしまう…そんな方はいませんか?休日は休むからこそ休日。予定を入れない休日を作るメリット、心にプラスになる理由があるのです。

休日には予定を入れたい!

予定のない休日なんて…

「休日には予定を入れるべき」と、ついついスケジュールに予定を詰め込んでしまうなんて方はいませんか?それは「予定入れなきゃ症候群」かもしれません。

Photo by Larm Rmah

予定が空いているからと詰め込んだスケジュール。本当にそのことがしたいのでしょうか? 休日に予定がないなんてもったいない…と感じてしまう。そんな方には、「なんにもない休日」をオススメします。予定を入れないことによるメリットがたくさんあるんです。

「なーんにもない休日」のメリット6つ

1.「休みたい」本音を大切にできる

本当は休日に「何もしたくない」と感じてはいませんか?それと同時に何もしない自分は怠け者だと罪悪感を感じてはいないでしょうか。しかし、自分が何もしたくないのはそれだけ体も心も疲れているからです。

Photo by Toa Heftiba

休日に何も予定を入れず、その「休みたい」という本音に向き合った方があなたのためになります。無理を重ねてしまうと、いつか限界が来てしまいます。休日は休む日なのですから、堂々とそうしましょう。

2.ONとOFFをきっちり切り替えられる

休日も予定を入れてしまうと、平日も休日もずっと動いていることになり、体力や気力を消耗し続けることになります。そうするとON状態が続いて疲れてしまい、本当に大切な場面で集中力が切れてしまうかも。

Photo by Claude Piché

休日は何もしないことで、本当に大切なときに向けて鋭気を養えます。何もしない休日のおかげでONとOFFをきっちり切り替えられるのもメリットですね。

3.本当にやりたいことができる

何も予定を決めていなくても、何かしたいなと思うかもしれません。そのときに思いつくことこそ、あなたが本当にしたいことなのかも。DVDを見たり、本を読んだり、散歩をしたり、手の込んだ料理を作ったり…

Photo by Roman Kraft

やりたいことができると、気持ちも前向きになれます。本当にやりたいと思ったことに向き合えれば、充実した休日になるでしょう。

4.新しい考え・アイディアが生まれる

何もしない休日はぼーっとする時間が増えるので、いろんなことを考えます。そうすると新しい考えや、今までは思いつかなかったようなアイディアが生まれることもあるのです。

Photo by John Canelis

自由な時間にこそ自分にとって必要なアイディアが隠されていることもあります。「~しなければ」と思い詰めるより、自分を自由にして思考も解放しませんか?

5.“自分”と向き合える

何もない状態だと、そこにあるのは自分だけ。どんな行動も自分のために行うことになります。時間があるから身の回りの物を整理しようとか、掃除しようとか、ただただゆっくりしようとか。

Photo by Vasjan Leno

そのときに行動したことが自分らしさでもあるんですよね。自分の欲求に従うことで何もしなくても休日を満喫でき、その分だけ自分としっかり向き合うことができるでしょう。

6.頭を空っぽにして心のリフレッシュができる

何もせず、何も考えない状態というのは、頭を空っぽにすることができます。こうすることで、普段考えすぎてしまっている思考をリセットしたり、モヤモヤとした心をリフレッシュすることができます。

Photo by Anthony Tran

つい嫌なことを考えてしまうという人は、リラックスできる状態を作るとGOOD。ゆっくりとお風呂につかったり、アロマキャンドルを焚いたり、深呼吸したり、好きな音楽を聴いたり。心の休日を作りましょう。

なんにもない休日を作る6つの心構え

Photo by Cameron Stow

今まで予定を詰め込んでいた人が、いきなりなんにもない休日を過ごすのは難しいことかもしれません。そこで、予定を入れないための心構えを知っておきましょう。

①情報の流入を断ち切る

休日に予定を入れたくなるのは、いろんな情報に目を向けてしまうから。たしかに視野を広げて様々な情報を知ることは、自分の価値観を広げたり意識を高めるためには大切なことです。

Photo by Konstantin Dyadyun

しかし、その分だけいろんな情報に惑わされて疲れてしまいます。まずはスマホやパソコンの電源をOFF。SNSやネットからの情報をシャットダウンするだけで、情報に左右されず、自分のために休日を過ごせます。

②「その予定は必要?」と自分に問いかける

休日に予定を入れる際には「それって本当に必要?」と自分に問いかけてみましょう。予定を埋めたいだけなのか、本当に自分がやりたいことなのか、その見極めができます。

Photo by Green Chameleon

そして「予定は自分に絶対不可欠」という思い込みも捨てること。予定のための予定は自分のためになりません。この問いかけだけでも休日の用事がだいぶ減るはずです。

③「何もしない=悪」ではないと気づく

休日に何もしていないことに焦りを感じていませんか?自分が何もしていない間にも周りはどんどん先に進んでいて、自分が置いてけぼりになりそうと感じてはいないでしょうか。

Photo by Paul

そして、何もしていない自分に価値はないと思い込んではいませんか。どんどん先に進んでいる人こそ、自分のために休むことを選択しています。自分を見失って予定を詰め込むだけでは、結局足踏みしているだけですよ。

④怠けても良いと自分を認める

ゆっくりしたり、怠けている自分に罪悪感を感じていませんか?人が必ず眠るように、休養は人間にとっては不可欠なこと。つまり「休みたい」という気持ちも本能です。それは自然なことなのです。

Photo by Heng Films

だから予定を入れず、何もせず休むことは悪でも何でもなく、当たり前のこと。自分にとって必要なことだと考え方を変えてみましょう。

⑤「休日を堪能した」と満足感を得る

1日中寝ていたり、何もしなかった休日というのは空虚に感じてしまうものです。しかし、逆に考えれば体を休ませるという目的を達成し、休日というものを存分に堪能したとも言えます。

Photo by Brooke Cagle

休日としての満足度は何もしない方が高いはず。そうやって満足感を得ることで、罪悪感なく「何もしない」ことを全うできますよ。

⑥「絶対に予定を入れない」もNG

「絶対に予定を入れなきゃ」という考え方は自分を苦しめますが、「絶対に予定を入れない」という考えも同じように自分を苦しめます。予定を入れる休日があっても良く、また入れない休日があっても良いのです。

Photo by Ian Herbst

どちらかに偏らず、どちらも同じように楽しむ。予定があってもなくても、それは有意義な休日です。どちらかに偏らず自分にとってのベターをその都度選択していくことが、あなたにとってのベストなのです。

あなたの休日をどう過ごす?

休日に予定を入れないことのメリットはたくさんありましたね。もちろん休日に予定を入れるのもありです。そのバランスは人それぞれ違うでしょう。

Photo by freestocks.org

たまには休日に何もせず、自分と向き合える時間を設けてみてはいかがでしょうか?

「予定入れなきゃ症候群」になってない?「なーんにもない休日」が心にいいみたい♡の関連タグ
「予定入れなきゃ症候群」になってない?「なーんにもない休日」が心にいいみたい♡の関連記事